〜ダイエットの落とし穴と食事管理方法について〜

初めまして!理学療法士のRYOです!

前回は具体的な全身トレーニングの方法についてお伝えしました!

今回は、運動と併用して取り組んで頂きたい食事管理についてお話したいと思います!また、食べたい物を出来るだけ制限しない方法をお伝えしたいと思います!

当然ですが、短期間でのダイエットはおすすめしません。短期間でのダイエットはすぐ効果がでますが、リバウンドする可能性が高く身体への負担も大きいからです。無理のない食事管理を長期間で行い健康的にダイエットすることをおすすめします!

食事管理を長期間してダイエットするには、運動との併用が必須です。私が実践しているのは、活動代謝量(TDEE)に合わせた食事管理とタンパク質摂取量を意識した食事管理です!

実際、厚生労働省の「日本人の食事摂取基準2020年版」では、18歳以上の1日当たりのたんぱく質摂取の推奨量は、女性が50g、男性が65gとなっています。1日でどのくらい摂取できているか確認してみて下さい。おそらく足りない人がほとんどだと思います。運動もしている人であれば100gくらい摂取しても問題ありません。ただし、肝臓と腎臓の機能が弱い人は注意が必要です。小食で食べることが辛いという人は、プロテインで手軽に摂取する方法もあります!

自分の活動代謝量(TDEE)を把握してそのカロリーを超えないように食事管理して運動を継続していれば甘い物を食べたとしても徐々に身体が引き締まってきます!

まずは自分の基礎代謝量と活動代謝量を把握することが必要になります!今は体重計でも測定できますし、ネットでも計算できます!本気で変わりたいと思うのであれば実践できると思います!



次回は、私が日常生活で実践している工夫をお伝えしたいと思います!

タイトルとURLをコピーしました